種類別コンテンツマネジメントシステムの特徴

種類別にコンテンツマネジメントシステムの特徴について紹介します

製品版CMS

製品版のコンテンツマネジメントシステムにもメリット・デメリットはあります。ほかのタイプと比べて、どういう特徴があるのでしょうか。以下にまとめていますので、参考情報としてお役立ていただければ幸いです。

このタイプのコンテンツマネジメントシステムは、サポートを受ける機会がオープンソースと比較して多く、管理会社が存在することもまた多いため、利用していくうえで安心感があります。ソースコードが非公開のコンテンツマネジメントシステムであれば、安全性の面でも優れているといえるでしょう。また、製品版を取り入れるときには機能がおおよそ整った状態で構築されるため、公開までの時間が比較的かからないという点もメリットの一つといえます。

これに対し、製品版のコンテンツマネジメントシステムのデメリットですが、柔軟にシステムの変更をすることが不可能なケースがあります。また、機能を追加するのが無理な場合もあります。開発型に比べると自由度が低くなってしまうというわけです。そのほか、コスト面でのデメリットもあります。オープンソースのコンテンツマネジメントシステムと比較した場合に、費用負担が重くなってしまうということがデメリットの一つとしてあげられます。

Previous