種類別コンテンツマネジメントシステムの特徴

種類別にコンテンツマネジメントシステムの特徴について紹介します

開発型CMS

開発型のコンテンツマネジメントシステムは、オープンソースや製品版のものと比較してどのような特徴があるのでしょうか。このタイプのコンテンツマネジメントシステムのメリット・デメリットは以下のとおりです。

まずは開発型のコンテンツマネジメントシステムのメリットですが、何といっても自由度の高さにあります。必要な要件に合わせて独自の機能を追加することが可能なほか、大幅なシステム変更も可能です。ホームページなどの製作での自由度が高いのが開発型の大きなメリットです。また構築されたシステムの内容次第ではありますが、セキュリティ面でも優れています。これらのメリットがオープンソースや製品版のコンテンツマネジメントシステムに比べて勝っている点でもあります。

こうしたメリットがある開発型のコンテンツマネジメントシステムですが、デメリットもいくつかあります。まず、オープンソースや製品版のコンテンツマネジメントシステムと比較して、開発の費用が一番高額になってしまいます。また、1から作り上げていくことになるため、構築のために長い時間を要することになります。システム要件を確認することに苦労してしまうということも、開発型のコンテンツマネジメントのデメリットの一つといえるでしょう。

Previous

Next