種類別コンテンツマネジメントシステムの特徴

種類別にコンテンツマネジメントシステムの特徴について紹介します

オープンソースCMS

コンテンツマネジメントシステムにはいくつかの種類がありますが、そのうちオープンソースのものには複数のメリット・デメリットがあります。

オープンソースのコンテンツマネジメントは、開発型や製品版のタイプと比較して、簡単に導入することが可能です。有名なオープンソースのコンテンツマネジメントシステムの場合、常にバージョンを最新の状態に維持していけば、最低限のセキュリティ対策をすることもできます。また、有名なものは多くの人に利用されているということで、扱える技術者も豊富です。必要に応じて外注しやすいという点が、メリットの一つとして含まれます。

これに対してオープンソースのコンテンツマネジメントシステムのデメリットですが、ある程度のセキュリティ対策は可能なものの、ほかのタイプに比べると若干弱いといわざるを得ません。特に開発が遅いコンテンツマネジメントの場合には不安が大きいです。このほか、何一つ不自由することないというほどに機能が充実しているわけではありません。ホームページを運用していくうちに、物足りなさを感じてしまうことがある点が、オープンソースのコンテンツマネジメントシステムのデメリットの一つであるといえるでしょう。

Previous

Next